ベトゥギュル・トーカー

ベトゥギュル・トーカー

CEO

Abdul Latif Jameel Finance、トルコ

ベトゥギュル・トーカーは、トルコの大手デジタル消費者金融企業であるALJ Finans(Abdul Latif Jameel Finance Turkey、アブドゥル・ラティフ・ジャミール・ファイナンス・トルコ)のCEOおよび取締役です。同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、多岐にわたる国際事業を展開しているAbdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)の一員です。

トルコ全域におけるAbdul Latif Jameelのすべての金融サービスおよび保険事業の経営と展開を統括しています。

現職に就く前は、トルコ最大のフィンテックエコシステムを構築する最大手の民間投資銀行、Aktif Bank(アクティフバンク)で、小売、デジタルバンキングおよび支払いシステム部門の副社長を務めていました。

20年以上にわたり、国内外のトップレベルの銀行に勤務し、小売銀行業務、事業開発、資産および負債金融商品に関する深い経験を有します。

1,000万人の顧客の日常生活に関わる、革新的なデジタルバンキングとフィンテックプロジェクトの開発を統率しました。データにもとづく分析的思考を自身の経営哲学の中心に据え、事業開発と顧客満足度および顧客ロイヤルティのどちらにも貢献する視点を大切にしています。

トルコのアンカラにあるビルケント大学で経済学の学士を取得し、トルコ語、英語、イタリア語が堪能です。

Abdul Latif Jameelの主要事業は、輸送、エンジニアリング・製造、金融サービス、不動産土地管理、エネルギー・環境関連サービス、消費者向け製品、広告・メディア、ヘルスケアなど多岐の分野にわたります。同社はMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域を拠点に、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋地域、南北アメリカなどの6大陸30か国以上で事業を展開しています。40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。