ファディ・M・ジャミール

Fady Jameel Deputy President & Vice Chairman Abdul Latif Jameel

ファディ・M・ジャミール

国際事業担当社長代理兼副会長
Abdul Latif Jameel

ファディ・モハメッド・アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、Abdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)の国際担当社長代理兼副会長です。同社は、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって1945年に設立された、多岐にわたる事業を展開する事業体です。

ファディ・ジャミールは、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域、ヨーロッパ、アジア、アメリカ大陸にまたがるAbdul Latif Jameelの事業ネットワークの国際事業を統括し、取締役も務めています。

気候変動の問題に対処するため、既存および新興のグリーンテクノロジーへの投資と、政策開発を熱心に支持しています。これには、Abdul Latif Jameelの主力再生可能エネルギー事業であるFRVAlmar Water solutions(アルマー・ウォーターソリューションズ)、またJIMCOによる一連の電気自動車航空産業核融合エネルギー環境再生型農業ボランタリーカーボン・クレジットへの投資などが挙げられます。また、オンライン記事「スポットライト」で気候問題についても執筆を行っています。

Community Jameel(コミュニティ・ジャミール)副会長として、J-PALと連携しながら、ESGの領域におけるデータの強化と厳密な証拠に関心を寄せ、公共・民間セクターが彼らの公約を守ることを支援しています。また、死亡率の大きな要因である大気質の改善に関する炭素市場の影響の証拠の判断を行っています。MITの気候ラボもまた、C40 Cities Climate Leadership Group(C40都市気候リーダーシップグループ)と協働しています。

Community Jameelの芸術・文化プログラムにも深く関わり、Art Jameel(アート・ジャミール)創設者および会長を務めています。彼の芸術への情熱と鑑識眼は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館やニューヨークのメトロポリタン美術館とのパートナーシップなど、芸術分野におけるイニシアチブとパートナーシップに数多くの成功をもたらしました。Art Jameelは先日、2102年12月にオープンしたサウジアラビアのHayy Jameel Creative Hub(ハイ・ジャミール・クリエイティブ・ハブ)と、2018年11月にオープンしたアラブ首長国連邦のJameel Arts Center Dubai(ジャミール・アートセンター・ドバイ)を含む2つの大型アート施設の発展を発表しました。これらのセンターは、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域やその他地域でのコンテンポラリーアートや創造的な起業家精神を支援・育成するためのプラットフォームの役目を果たしています。彼はまた、MITのCouncil for the Artsのメンバーでもあります。

現職に就く以前は、カリフォルニア州トーランスにあるレクサスの北米本社で、投資戦略、戦略的方向性、および同社の成長および投資計画のための技術レビューに従事していました。

東京の上智大学で政治学の学士号を取得しており、英語、アラビア語、日本語を話します。

1945年に創業し、2020年に75周年を迎えたAbdul Latif Jameelは、多岐にわたる事業を展開する民間グローバル投資会社です。世界経済を牽引する基幹産業の未来の創生を目指し、主要産業でさまざまな取り組みを実施しています。こうした取り組みの例としては、モビリティ、金融サービス、エネルギー環境サービス、医療分野への投資をはじめ、消費者向け製品や不動産開発、専門サービスなどの多岐にわたる事業が挙げられます。

6大陸35ヶ国以上で事業を展開し、世界中に代表事務所を構えるAbdul Latif Jameelは、11,000名に上る従業員を擁しており、従業員の国籍は65ヶ国以上に及びます。