リフ・O・アブ・リシュ

Rif Abou Richeh

リフ・O・アブ・リシュ

バイスプレジデント

Abdul Latif Jameel International

リフ・アブ・リシュは、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な、家族所有の、多角的な事業群からなるAbdul Latif Jameelのバイスプレジデントです。

Abdul Latif Jameelの国際事業を統括するとともに、自動車およびその関連事業、金融サービス、広告およびメディア、一般取引などの事業運営の責任を負っています。

彼はさらに、Abdul Latif Jameel Investmentsも率いており、新しい地域への参入、および再生可能エネルギー、環境サービス、製造などの分野への事業拡大を指揮しています。

Abdul Latif Jameelでの役職に就任する前は、いくつかの民間企業で働き、サウジアラビアおよびアラブ首長国連邦の企業で上級職を歴任しました。

Rifは、アブドゥル・ラティフ・ジャミール企業の会長、アブドゥル・ラティフ・ジャミールエネルギーのFRVおよびアルマ・ワーター・ソリューションズを含む、ビジネス全体の多数の取締役を兼任にしています。

アブ・リシュは、経営管理学の学位、また米国のウィスコンシン大学でMBAを取得しました。

1945年に創業し、2020年で創立75年を迎えたAbdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)は、グローバル投資家であり、投資、交通・モビリティ、金融サービス、エネルギー環境サービス医療をはじめ、消費者向け製品不動産開発各種専門サービスなどの多岐にわたる国際事業を展開する同族企業です。6大陸30か国で事業を展開しており、世界中に代表事務所を構えています。従業員数は約11,000名で、従業員の国籍は40か国以上に及びます。