ファイサル・アルサマヌーディー

Faisal Alsamannoudi Chairman & CEO Abdul Latif Jameel Enterprises

ファイサル・アルサマヌーディー

会長兼CEO

アブドゥル・ラティフ・ジャミール・エンタープライズ

ファイサル・アルサマヌーディーは、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールが1945年に設立したグローバル企業Abdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)の一部門であるアブドゥル・ラティフ・ジャミール・エンタープライズの会長兼CEOです。

アルサマンノウディ氏は、現在の役職に就く以前は、アブドゥル・ラティフ・ジャミール社内および日本のトヨタ自動車株式会社で数多くの役職を務めました。

アルサマンノウディ氏は、不動産、技術、および証券分野に携わっているサウジアラビアの大手企業数社の取締役を務めています。彼はまた、コミュニティ・ジャミール・チャリティーの副会長、アブドゥル・ラティフ・ジャミールのシェルターホーム・プログラム、ヘイアット慈善財団の副会長として、コミュニティ・サービスに情熱を傾けています。さらに、アルサマンノウディ氏は、家族育成プログラムとコミュニティのエンパワーメントに焦点を当てた受賞歴のあるNGO、アルマワダの創設者兼会長です。彼はイスラム問題と寄付の一般的権限組織(サウジアラビア)の理事です。

ファイサル・アルサマンノウディ氏は、キング・サウード大学で生産工学の学位を、フランスのINSEADでグローバルマネジメントの証書を取得しています。

1945年に創業し、2020年に75周年を迎えたAbdul Latif Jameelは、多岐にわたる事業を展開する民間グローバル投資家です。世界経済を牽引する基幹産業の未来の創造を目指し、主要産業でさまざまな取り組みを実施しています。こうした取り組みの例としては、モビリティ、金融サービス、エネルギー環境サービス、医療分野への投資をはじめ、消費者向け製品や不動産開発、専門サービスなどの多角的な事業が挙げられます。

6大陸35か国以上で事業を展開し、世界中に代表事務所を構えるAbdul Latif Jameelは、11,000名に上る従業員を擁しており、従業員の国籍は65か国以上に及びます。