ハッサン・M・ジャミール

Hassan Jameel

ハッサン・M・ジャミール

バイスプレジデント兼副会長

Abdul Latif Jameel Saudi Arabia

ハッサン・ジャミールは、1945年に故シェイク・アブドゥル・ラティフ・ジャミールが創業して以来、多岐にわたるグローバル事業を展開しているAbdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)のサウジアラビア部門の社長代理兼副会長を務めています。

ハッサン・ジャミールは、サウジアラビア国内のモビリティ、土地・不動産、産業機械などの事業部門を統括しており、Abdul Latif Jameelの執行役員として手腕を発揮しています。現職に就く以前は、日本のトヨタ自動車株式会社に勤務していました。

ハッサン・ジャミールは、起業家精神とイノベーションへの情熱を掲げてAbdul Latif Jameelのデジタルトランスフォメーションの指揮を執り、データドリブンなビジネス経営を通じてお客様やパートナー企業へのサービスを刷新してきました。

また、エビデンスやデータに基づいた先進的な科学的アプローチで世界の喫緊の問題や課題に取り組むグローバル組織、Community Jameel(コミュニティ・ジャミール)の副会長も務めています。Community Jameelは「教育」「健康・医療」「気象」の分野における科学技術のブレークスルーやイノベーションを通して世界への貢献を目指す斬新なアプローチを掲げています。

ハッサン・ジャミールはRIVIAN(リビアン)の役員を務めた経験があり、現在は、東京大学グローバル・アドバイザリー・ボードおよびMIT School of Engineering Dean's Advisory Council(マサチューセッツ工科大学の学長諮問委員会)のメンバーとして活躍しています。また、CoMotion(コモーション)の顧問を務め、湾岸地域の家族経営ビジネスの成長と発展を支援するFamily Business Council – Gulf(ファミリービジネスカウンシル・ガルフ)の創設にも尽力しました。

ハッサン・ジャミールは、上智大学で国際経済学の学士号、ロンドン・ビジネス・スクールで経営学修士号(MBA)を取得しており、英語、アラビア語、日本語の3か国語を流暢に話すマルチリンガルです。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディア、そしてヘルスケアです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。