ピーター・アーベルレ

ピーター・アーベルレ

CEO

Abdul Latif Jameel Motors、サウジアラビア

ピーター・アーベルレは、Abdul Latif Jameel Motors Saudi Arabia(アブドゥル・ラティフ・ジャミール・モータース・サウジアラビア)のCEOです。同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、多岐にわたる国際事業を展開しているAbdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)の一員です。

現在、サウジアラビアにおけるトヨタとレクサスの正規輸入・販売代理店であり、小売および物流事業を精力的に展開するAbdul Latif Jameel Motorsの全部門を統括しています。

自動車業界で複数ブランドの流通事業を手がけ、国際的に知名度の高い上場企業であるInchcape plc(インチケープ)に勤務し、ロシアとギリシャで事業を率いた後に、南米担当マネージングダイレクターを務めました。その後、2015年に小売事業のシニアマネージング・ダイレクターとしてAbdul Latif Jameel Motors Saudi Arabiaに参画し、COOとして従事してきました。

それ以前にはドイツにて、米国およびドイツの自動車メーカーで多くの重要マネジメント職を歴任しました。

ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州にあるコーポレート・ステート大学で、Diplom Betriebswirt(経済学分野のMBA)を取得しています。

Abdul Latif Jameelの主要事業は、輸送、エンジニアリング・製造、金融サービス、不動産土地管理、エネルギー・環境関連サービス、消費者向け製品、広告・メディア、ヘルスケアなど多岐の分野にわたります。同社はMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域を拠点に、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋地域、南北アメリカなどの6大陸30か国以上で事業を展開しています。40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。