Ramzi Abou Dargham

Ramzi Abou Dargham

Ramzi Abou Dargham

最高執行責任者(COO)

DelphysME

Ramzi Abou Darghamは、Abdul Latif Jameel Internationalと日本のデルフィスが2018年に設立した合弁事業であるDelphysMEの最高執行責任者です。 同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な、家族所有の、多角的な事業群からなる企業集団のAbdul Latif Jameelの一員です。

Abou Darghamは、DelphysMEのMENA(中東・北アフリカ)地域における日々の営業活動と成長開発を統率しており、複数の事業部門における多数の国内外ブランドの変革価値を高めることに注力する複数のオフィスにまたがチームを率いています。

DelphysMEは、アラブ首長国連邦のドバイに本社を置き、サウジアラビアのリヤドとジッダにオフィスを構えて、中東・北アフリカ(MENA)地域全体の現地および国際的な顧客にサービスを提供しています。

Abou Darghamは現在の役職に就く以前は、レバノン、サウジアラビア、日本およびドバイで複数のマーケティング広報の職を歴任し、最後にDriveDentsu Dubaiのマネージング・ディレクターとして多様な顧客の広報活動をリードしてきました。

Ramzi Abou Darghamは、レバノンアメリカン大学で経営管理学の学士号を取得、さらにロンドン・ビジネス・スクールで合併・買収のエグゼクティブディグリーを取得しています。アラビア語と英語を話します。

1945年に創業し、2020年で創立75年を迎えたAbdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)は、グローバル投資家であり、投資、交通・モビリティ、金融サービス、エネルギー環境サービス医療をはじめ、消費者向け製品不動産開発各種専門サービスなどの多岐にわたる国際事業を展開する同族企業です。6大陸30か国で事業を展開しており、世界中に代表事務所を構えています。従業員数は約11,000名で、従業員の国籍は40か国以上に及びます。